【石垣島】ホタル観察にはバンナ公園がオススメ!3月~6月にかけてツアーも開催!

ホタルが草むらで光っている

石垣島に観光にきたけど、夜は何をしよう

そう思っている方も多いはず…

実は、夜の石垣島も見どころがたくさんあります!

その中の1つはホタル観察!

ベストシーズンの3月~6月には、数千~数万頭のホタルが森を美しくかざります!

観察スポットはいくつかありますが、オススメはバンナ公園!

市街地からも近く道中の街灯やトイレも完備されています。

そのため、女性や子ども連れでも安心してホタル観察を楽しむことができます。

そこで今回は、石垣島在住で3歳と0歳の娘とバンナ公園に通っている私「ベノキ」が

  • 観察スポット「バンナ公園ホタル街道」
  • ベストな時期&時間
  • アクセス方法
  • 開催されているツアー

についてまとめます。

子どもも大人も、幻想的な石垣の夜に感動まちがいなし!

バンナ公園は市街地からも近く駐車場完備!子連れでも安心してホタル観察ができる!

ホタルが草むらから飛び立つ

石垣島にはホタル観察スポットがいくつかありますが、オススメはバンナ公園にある「ホタル街道」

バンナ公園とは、石垣市街地の近くにあるバンナ岳をまるまる公園にした日本最南端のネイチャーパークです。

市街地から車で10分ほどで行けるため、地元の人や観光客に人気の公園です。

※バンナ公園についてまとめた記事はこちら!

バンナ公園はA~Eのゾーンに分けれており、ホタル観察ができるのはDゾーンにある「ホタル街道」です。

ホタル街道は散策路として整備されており、駐車場やトイレも整備されています。

駐車場までの道中は街灯もあるため、女性だけや小さな子ども連れでも安心して行くことができます。

※バンナ公園のA~Eゾーンについてまとめた記事はこちら!

3月~6月にかけて日本最小の希少種『ヤエヤマヒメボタル』が観察できる!

ヤエヤマヒメボタルの説明板

石垣島に生息する9種類のホタルの中でもっとも有名なのが日本一小さいヤエヤマヒメボタル!

体長2~5mm程度ととても小さいホタルです。

ベノキ
ベノキ

体が小さいので、虫がニガテな方もきっとだいじょうぶw
ベノキ娘は、普通のホタルは気持ち悪がるがヤエヤマヒメボタルならだいじょうぶみたいw

ホタルは水辺に生息するイメージですが、ヤエヤマヒメボタルは山間部の湿った土や落ち葉の下などに生息しています。

石垣島と西表島にのみ生息しており、生息域が減少しているため個体数が減少しています。

ヤエヤマヒメボタルは飛行能力が低く、ゆっくりと低空飛行します。

地面近くを飛ぶため、まるで地面が光っているように見えます。

また、一カ所に集団で集まる習性があるため、数千頭の集団になると「光のじゅうたん」のような幻想的な風景をみることができます。

ベノキ
ベノキ

光のじゅうたんの中に立っていると、まるで「風の谷のナウシカ」のオームに抱かれた気分になれる!

日本本土で見られるゲンジボタル等とは違う美しさがある!

ヤエヤマヒメボタルが発光するのは日没後30分程度。18:30~20:30頃がオススメ!

ヤエヤマヒメボタルが光っている

ヤエヤマヒメボタルは、日没後30分ほどしか発光しません。

そのため、日没前15分頃には観察場所に移動します。

観察時期の日没時間に合わせて行動しましょう。

ホタル観察オススメの時間&日没時間

日付オススメの時間日没時間
3/1 18:45~19:1518:45
3/15 18:52~19:2218:52
4/1 18:59~19:3018:59
4/15 18:05~19:3519:05
5/1 18:12~19:4219:12
5/15 19:19~19:4919:19
6/1 19:27~19:5719:27

アクセス方法:バンナ公園西口からホタル街道へ

バンナ公園ホタル街道への道案内

観察場所はバンナ公園西口、Dゾーンにあるホタル街道です。

「D棟駐車場」に車をとめて散策します。

※西口は21:00時に閉門するため注意しましょう。

アクセス方法
バンナ公園西口「Dゾーン:ホタル街道」 

市街地(石垣港離島ターミナル&バスターミナル方面)から向かう場合:車で10分

  1. 730記念碑がある十字路(石垣島のセンター街)を旧市役所方面へ
  2. 旧市役所をすぎてすぐの信号を右折し県道208号線へ
  3. 県道208号線を北上する
  4. バンナ公園南口をすぎて20秒ほどで右手に西口がある
  5. 西口から北に向かう
  6. 最初の3差路を右折
    (目印:第1・第2駐車場の案内板&ワシのモニュメント)
  7. 坂道を登っていき「森と空の橋」をわたりると行き止まり「D棟駐車場」につく
  8. 車を止めてD棟右側から散策路を15分ほど歩く(看板あり)
バンナ公園西口
県道208号線から西口へ
D棟横を通ってホタル街道へ
左側がD棟
D棟を通ってホタル街道へ
ホタル街道への案内板
ホタル街道への案内板
昼間でもわかりずらい
夜はほとんどわからない
ホタル街道入り口の階段
ホタル街道入り口の階段
この階段を暗闇の中でおりることになる
懐中電灯を忘れずに!

※森の中はホタル保護のためにまっくらです。懐中電灯は必須!
ホタルに光を当てると害になるため注意しましょう!

※バンナ公園へのアクセス方法について詳しくまとめた記事はこちら!

ホタル滝展望台方面からのエントリーも可能

ホタル街道へはEゾーン小広場展望台からホタル滝展望台を経由してエントリーすることも可能です。

※D棟駐車場のように街灯はなく道もわかりにくいため、バンナ公園初心者にはオススメしません。

アクセス方法

  • 小広場展望台前駐車場に車をとめ、バンナ公園遊歩道へ入る
  • 遊歩道を「西口方向」へ進むと左手にホタル滝展望台入り口がある
    ※案内板はない。目印としては、自転車進入禁止用のポールがある
  • 道なりに進むとホタル街道へでる

3月〜6月に開催されるホタル観察ツアーも人気!

ホタル観察のベストシーズンである3月~6月にはホタル観察ツアーが開催されます。

ホタル観察をする時期は猛毒のヘビ「サキシマハブ」が活発になる時期でもあります。

ハブは夜行性のため、土地勘がない場所の夜間行動は危険がともないます。

バンナ公園になれていない方
特に「観光できた方」には安全のためにもツアーをオススメします!

ツアーには経験豊富なガイドが同行します。

安全管理はもちろん、夜の生き物についても解説してくれるため、ツアーでしかできない貴重な体験ができます!

運が良ければリュウキュウコノハズクにも出会える!

フクロウの親子

ホタル観察ツアー情報

  • 集合場所 バンナ公園南口駐車場
         ※各社ホテル送迎あり
  • 開催時期:3月~5月
  • 集合時間:18時30分~19時00分頃(日の入り時間によって変動)
  • 時間:1時間30分~2時間
サイト料金人数制限送迎
じゃらん大人(中学生以上) 3000円 
子ども(小学生)  2000円
最小人数:1名
最大人数:7名
市街地のみ
アクティビティジャパン大人(13歳以上)   3500円
子ども(4歳~12歳)3000円
最小人数:1名
最大人数:10名
市街地のみ
その他エリアは要相談
ぐるたび(ぐるなび)大人(中学生以上) 3500円
子ども(小学生)  3000円
最小人数:2名
最大人数:10名
なし
サイトじゃらんアクティビティジャパンぐるたび(ぐるなび)
料金大人(中学生以上)3000円 
子ども(小学生)2000円
大人3500円
子ども(4歳~12歳)3000円
大人(中学生以上)3500円
子ども(小学生)3000円
人数制限最小人数:1名
最大人数:7名
最小人数:1名
最大人数:10名
最小人数:2名
最大人数:10名
送迎市街地のみ市街地のみ
その他エリアは要相談
なし

石垣島には9種類のホタルがいる

石垣島に生息するホタルの説明板

石垣島に生息するホタルは9種類!

平均気温が20度の石垣島では、種類の違うホタルが年中みれます!

9種類のうち、発光するのは4種類、5種類は発光しないホタルです。

ホタルの発光は年中観察できますが、ベストなシーズンは3月~6月にかけて!

ベストシーズンにはヤエヤマヒメボタルやキイロスジボタルが数千・数万単位で観察できます。

ベノキ
ベノキ

オオシママドボタルの幼虫のお尻も発光するよ!
暗闇なので、ホタルが光っているのか、幼虫が光っているのか、注意して見ないとわからない!
どの種類が光っているのか、探してみてください!

発光するホタル

名前発光時期
ヤエヤマヒメボタル3月~5月
キイロスジボタル4月~11月
オオシママドボタル9月~1月
イリオモテボタル11月~12月
ミナミボタル幼虫時のみ発光

発光しないホタル

ヤエヤマヒメオバボタルムネグロボタル
サキシママドボタルキイロクシヒゲボタル
キベリクシヒゲボタルアカホタルモドキ

ホタル観賞時の注意点

ホタル観察時の注意点を書いた板

現在、ホタルの生息域の減少や観察時のマナー違反などにより、石垣島のホタルの数は減少しています。

ホタル観察をする時期はホタルにとって繁殖時期です。

ホタルは光によって求愛します。

強い光(懐中電灯など)をあてられると繁殖行動をやめてしまうため、個体数減少に強く影響します。

ホタル保全のために、観察時のマナーや注意点は守りましょう。

ホタル観察時の注意事項
  • 懐中電灯やカメラ&スマホのフラッシュをホタルにあてない
  • ホタルに触らない
  • 草むらにはホタルのメスや幼虫がいます
    歩いて良いのは遊歩道のみ
  • 虫よけスプレーや蚊取り線香は使用しない
  • 虫よけスプレーを使わないためにもなるべく肌の露出をさける
バンナ公園ホタル街道での注意事項
  • 草かげや岩かげにはハブがいます!むやみに立ち入らない&触らない
  • 駐車場ではなるべく早く車のヘッドライトを消す
  • 安全のために懐中電灯は必須!
    照らすは足元のみ、ホタルが発光している場所では使用しない
    赤い光だと少しは影響を少なくできる
    ※赤色灯もホタルにとっては有害です
  • 明るい時間に下見をすると安全
    暗い場所に目がなれるため懐中電灯を使わなくてすむ

まとめ

石垣島のホタル観察についてまとめました。

石垣島は昼だけでなく夜も貴重な体験ができます!

ホタル観察時のマナーを守って、幻想的な森のイルミネーションをみにいこう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました